ミツバチワークス株式会社

ミツバチワークス株式会社(東京都目黒区中目黒、 代表取締役:光山一樹)は、 『GENIC 2023年4月号(vol.66)』を3月7日(火)に発売いたします。


GENIC4月号のテーマは「撮らずにはいられない」。
撮らずにはいられないものがある。なぜ? 答えはきっと単純。それが好きで好きで好きだから。“好き”という気持ちは、あたたかくて、美しくて、力強い。だからその写真は、誰かのことも前向きにできるパワーを持っています。こぼれる愛を大切に、自分らしい表現を。

Cover Photo:枝優花(撮影)、モトーラ世理奈(モデル)



Feel, and then think. /嶌村吉祥丸


ピュアな気持ちでシャッターを切り、思考することに時間をかける、という嶌村吉祥丸。あくまでもアーティストとして写真に向き合う理由とは?8ページにわたるスペシャルインタビューをお届けします。

撮らずにはいられない「モトーラ世理奈」


多くの写真家が、出会うや否や虜になってしまうという、ファッションモデル・女優のモトーラ世理奈。どうしてそんなにも撮り手を魅了するのか?彼女の魅力を6名の写真家に教えてもらいました。

出演(掲載順):大辻隆広、石田真澄、枝優花、東京祐、小見山峻、松岡一哲

気がつけば、追いかけて


ふと撮りたくなる、ついシャッターを切ってしまう。そんな衝動的感覚で、日常の中の“気になる存在”や“なんだか好き”なものにカメラを向ける写真家4名の作品と、その想いを紹介します。

出演(掲載順):信岡麻美、女鹿成二、向後真孝、柘植美咲

偏愛というロマン


独自の愛する被写体を長きにわたり追いかけ、真っ向から向き合っている写真家4名をフィーチャー。誰よりも情熱を傾け、その素晴らしさを作品として発表し続ける、熱き想いに迫ります。

出演(掲載順):toshibo、秦淳司、林朋彦、鍵井靖章

写真家が撮る愛しの我が子


写真を撮ることを生業とする写真家が、「我が子」にカメラを向ける時。どんな想いでシャッターを切るのか?まさに撮らずにはいられなかったその瞬間の写真を、7名の写真家に見せていただきました。

出演(掲載順):砺波周平、花盛友里、大畑陽子、酒井貴弘、川原崎宣喜、Nico Perez、高野友也

伝えたいニッポンの風景


日本には誇るべき素晴らしい風景がたくさんあります。自然が積み重なった絶景や、歴史文化が薫る古き良きまち並み、季節が運ぶ美しい色。誰かに伝えたい、という想いで日本の姿を撮る写真家に迫ります。

出演(掲載順):齋藤朱門、山田悠人、阿部裕輔、zookomi

写真家が捉えたあの日の光


長く続くこの不安定な時代において、少しでも明るい未来を感じてもらいたい。そんな企画に、6名の写真家が集ってくれました。心を照らしてくれるようなミニ写真展をお楽しみください。

出演(掲載順):小見山峻、松岡一哲、熊谷直子、Fujikawa hinano、haru wagnus、6151

「可愛い」が大渋滞(ハート)愛犬&愛猫の至福フォト


一緒に暮らす大切な家族として、愛犬や愛猫を切り取るクリエイター5名の可愛すぎる「親バカ写真」をご紹介。ご主人にだけ見せる彼らの気ままで無邪気な表情から、溢れ出る愛と絆が伝わってきます。

出演(掲載順):ふじおかすみ、Lyripapa、吉野菜百里、猫と古家具、Hanayuri

“好き”を極める表現


好きだからシャッターを切り続け、好きだから自分らしい表現を追求し続ける。そんな“好き”を極めた表現者たちの、独自の世界観にフォーカス。見る人の心を動かすトキメキを宿した作品をご覧ください。

出演(掲載順):コナミ・サルポア、Chez Mitsu、Shota、szuna、yui.、小春ハルカ、mita

【連載】
-女優・橋本愛「日日是好日」


現実のなかに溢れる愛おしい瞬間を封じ込めた写真と、そのとき感じた想いを言葉にのせて。かけがえのない日々を写真と言葉で表現する、橋本愛の連載第13回。

-<拡大版>小関裕太の自分探しの旅「スキ」


連載第12回は、ドラマの共演者である女優・モデルの内田理央をスタジオにて撮影。今回も小関裕太本人による構成、デザインでお送りします。カラフルに彩られた「りおさん」、拡大版6ページです。

-武井宏員&酒井貴弘「emergence」第3回:久間田琳加


写真家の武井宏員と酒井貴弘が、羽ばたきの時を迎えた旬の人物を撮り下ろす連載企画【emergence=羽化】。第3回はモデル/女優・久間田琳加を迎え「静寂」をテーマに撮り下ろしました。

-KYON.Jが出会った“奇跡の一瞬”「Exploring the World」
世界を照らす美しい光を追いかけ続けるトラベルフォトグラファーKYON.Jが出会った、光溢れる大自然の姿。第15回は、「厳冬の静寂を包む、朧げな光」をお届けします。

【and more】

・“好き”が加速する優秀カメラLIST

・Nikon Z fc で叶う「ファッショナブルな日々。」
出演:佐藤匠

・Canon 最新モデルEOS R50「“すき”をカタチにする方程式」
出演:相武えつ子

・フジカラーの「ハーフサイズプリントで綴る旅の思い出」
出演:AOI


■GENIC|ジェニックについて

● Print Edition
GENIC 2023年4月号 vol.66 2023年3月7日(火)発売
季刊 12月・3月・6月・9月
定価 1650円(税込)
流通 全国書店、GENIC公式オンラインショップ、 Amazon、 家電量販店など
GENIC公式オンラインショップ 予約受付中
https://shop.genic-web.com/
Amazon 3月7日発売開始
https://amzn.to/3SXsIl9

● Digital Edition
https://genic-web.com/

● SNS Edition
Instagram
@genic_mag
https://www.instagram.com/genic_mag/
@genic_japan
https://www.instagram.com/genic_japan/
Twitter
@genic_web
https://twitter.com/genic_web
Pinterest
@genic_web
https://www.pinterest.jp/genic_web/

【本リリースに関するお問い合わせ】
https://www.328w.co.jp/contact/
よりお問合せください。
担当:羽矢(ハヤ)、 菊池(キクチ)、大島(オオシマ)

【書店様からの本誌ご注文・お問い合わせ】
https://www.328w.co.jp/contact/02.html
「書店様向けお問い合わせ」よりお問合せください。在庫確認後にご連絡いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ