株式会社マックスマーラ ジャパン
6月28日(現地時間)にリスボンにて発表したマックスマーラの2023年リゾートコレクション。 会場は世界有数の個人コレクションを擁するカルースト・グルベンキアン美術館。 亜熱帯植物が繁茂するその庭園を舞台にサンセットが訪れる中、ショーはスタートしました。




ポルトガル民族歌謡ファドの新世代を代表する才能豊かなシンガー、カルミーニョ、日本人モデルの美香がランウェイに登場。



ショーには世界中から豪華なゲストが来場し、最新のコレクションを楽しみました。
左:Claire Danes(クレア・デインズ / アメリカ 俳優) 右:Ashely Park(アシュレイ・パーク / アメリカ 俳優)


Lee Ji Ah(イ・ジア / 韓国 俳優)


Lee Ji Ah(イ・ジア)とAshely Park(アシュレイ・パーク)


Alessandra Mastronardi(アレッサンドラ・マストロナルディ / イタリア 俳優)

Daniela Melchior(ダニエラ・メルシオール / ポルトガル 俳優)


Tina Leung(ティナ・レオン / アメリカ インフルエンサ―)


Caroline Daur(キャロライン・ダウア / ドイツ インフルエンサー)


ショー前夜には、1670年代建立の鮮やかな装飾タイルが美しいマルケゼス・デ・フロンテイラ宮殿にてガラディナーを開催。ファドシンガーのカルミーニョが美しい歌声を披露しました。





本コレクション発表に際し、マックスマーラはリスボン大学とのコラボレーションを展開。クリエイティブ・ディレクター、イアン・グリフィスによるカンファレンスの実施、さらにファッションデザインコースの学生たちを対象としたコンテストの開催を決定しました。優勝者には、マックスマーラ本社での6か月の契約が結ばれ、クリエイティブ・ ディレクターのイアン・グリフィスやマックスマーラ スタイルオフィスと一緒に仕事をしながら、コレクションのデザインやクリエイションに携わる機会が提供されます。

またショー会場となったカルースト・グルベンキアン美術館の誇る18世紀フランス美術の絵画、彫刻、装飾美術、書籍のディスプレイはマックスマーラの支援により改修されます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ