トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社
ワンショルや背中・肩みせも思いのまま!アウターとの相性抜群のアシンメトリーなディテールや3wayアレンジが楽しいアイテムが豊富にお目見え!

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地5-6-4、代表取締役社長:ヴァンサン・ネリアス)の直営店「AMOSTYLE BY Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)以下 アモスタイル」は、アシンメトリーなデザインが特徴のコレクション「アシンメトリックフラワー」を紹介します。着ること自体が楽しくなる、トレンドのアシンメトリーデザインや3wayを取り入れたアイテムをラインアップ。ワンショルやデコルテみせのアウターやシアートップスなどと合わせて肌みせファッションを自由に楽しめます。 https://jp.amos-style.com/





肌みせファッションも思いのまま♪トレンドのアシンメトリーデザインで毎日を楽しく
トレンドのアシンメトリーデザインをスパイスに、着ること自体が楽しくなるようなアイテムが揃う「アシンメトリックフラワー」シリーズ。編みレースとレトロな小花柄をあしらったデザインが甘くなり過ぎず、ほんのり大人でかわいい印象。バンドゥスタイルにアシンメトリーをプラスしたデザインや、気分によってスタイリングを変えられる3wayのブラレットなど、ファッションに合わせて楽しめるフィットやデザインを揃えました。一点取り入れるだけで、トレンドの肌みせファッションも思いのまま。旬なムードを楽しく演出してくれます。


気分に合わせてスタイリングできちゃう♪アシンメトリーデザインが楽しいブラジャー
ブラジャーは、バンドゥブラ、3ウェイブラレット、AMOキスブラの3つをラインアップ。レースやストラップなどアシンメトリーなデザインを細部にまであしらったこだわりのアイテムが揃います。



トレンドのワンショルダー




アシンメトリックなレース使いが新鮮。ワンショルのアウターにもGOOD!
バンドゥブラ
バンドゥタイプのシルエットに、編みレースを片カップにセンターから肩へ大胆に施したアシンメトリーデザインが印象的。片側ストラップは取り外しOKでワンショルのアウターにも活躍!モールドカップで自然な丸みをつくり、バストに優しくフィットします。バックスタイルは、テープ使いでほんのりセクシーな雰囲気。背中みせファッションもおしゃれに決まります。
<片側ストラップを外してワンショルに>



気分で選べる”3WAY”



リラックスタイムも普段使いも。3WAYのみせ方で楽しくアレンジ♪
3ウェイ ブラレット
取り外し可能なリバーシブルのカップが付いたフロントホックブラレット。「1.プリント側を表にしてレースと小花柄をレイヤー。2.無地側を表にしてシンプルレーシーに。3.カップを外してインポートライクに。」と3通りのアレンジが楽しめます。左右異なるデザインのバックパネルとY字のストラップもスタイリッシュ!背中あきニットのインナーにも。





背中や肩みせがおしゃれなデザイン



アシンメトリーのストラップがおしゃれ。肌みせファッションをハッピーに♪
AMOキスブラ
小花柄プリントを施したバッククロスで、背中みせOKのバックスタイルが特徴。センターに施したVシェイプの編みレースと相まって肩みせが楽しくなるデザインです。左右異なるデザインのストラップや斜めに施されたセンターのテープでトレンドのアシンメトリーテイストをプラス。下カップに厚みがあるふわふわのクッションカップが自然にバストフィットし、ふっくらとボリュームアップを叶えます。



アシンメトリーなディテールで遊びゴコロをくすぐるショーツもズラリ!


センシュアルなレースと小花柄プリントを施したデザインに旬のアシンメトリーなディテールを取り入れた「アシンメトリックフラワー」シリーズは、ショーツにもアシンメトリーなデザインがふんだんにあしらわれています。大人の遊びゴコロをくすぐるアシンメトリックなスパイスで、女性っぽさをほどよく演出してみては♪

ショーツもアシンメトリー!?


ショーツ
スパゲティストラップ2本使いとプリント生地をサイドに取り入れたアシンメトリーなデザインが特徴。ベア天竺素材を使用し、滑らかな肌ざわりです。





ボーイズレングス
サイドに小花柄プリントと片側にだけスパゲティストラップをアシンメトリックに施したデザイン。ベア天竺素材を使用し、滑らかな肌ざわりです。




サニタリー
片サイドからバックにかけてテープを施したアシンメトリーなデザインが魅力。テープを少し上にみせてはくとおしゃれに。ブルーデイも気分が上がるはず!





製品ラインアップ





<お客様のお問い合わせ先>
フリーダイアル0120-104256
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ